お金の心配は尽きません

新築の一軒家を探し続けて、なかなか見つからなかったのですが、ようやく見つかりお値段も手頃な物件があり、即商談に入りローンの仮審査を通ったところで改めて通帳を確認しました。

諸費用や、仲介手数料など合わせて払うと、生活できないことはないのですか、新築の一軒家に引っ越しした後、クーラー1台くらいのほうがしばらくは生活が安定するのかと言う話になりました。

諸費用など200~300万円程かかるので、私が再びパートなどに出れば余裕を持てるのですが、妊活中のため、主人が、もし私のお腹に子供が宿っていたら働かせるのは不安ということで食費や光熱費を節約を徹底ということにいたりました。

新築一戸建てを購入する時の諸費用、仲介手数料、引っ越しの代金、クーラーなど電化製品、屋根の上につけるテレビのアンテナなど今のところ一番、お金に掛かるところかとおもいます。

後は、主人の持病の手術のときの入院費、手術費などで一気にお金が必要になったとき、入院に必要な紙カップや歯ブラシなどでそこでも急に要りようになったりします。

紙コップや歯ブラシは100円ショップで購入したり、私の実家にある割り箸などもらったりなど、少しでもコストに抑え、いつ、何が起こっても対応できるようにこまめに貯金、節約、倹約、リサイクルを心がけています。

しかし、手術や一戸建てや結婚式のお呼ばれなど出費が重なる事が多い時は、通帳、お財布と広告のチラシを常に見ながらの日々になります。そして私に子供が宿ったとして、出産するにあたって国から市からの補助金があったとしても頂けるまでの貯金もきっと必要だろうと思いますし、子育てする時もどんどんお金がかかってくるでしょう。

今のうちに私が働きに行ければ一番ベストなのでしょうが、何しろ初産なので色々待ち構えたいところもあります。新生活を始めるときに全ての家具を揃えるときも要りようになり、賃貸マンションでクーラーは付いていたので、白物家電の冷蔵庫、洗濯機や食器棚など安いものから高いものまで揃えるときも、ギリギリお金が足りました。

そこからしばらくの生活は実家からいただいたお野菜やお米などを上手に使い、広告や、スーパーのタイムセールをチェックし、かなり切り詰めた生活でした。

一戸建て購入ほどではないですが、そこでもやはり引っ越し費用が掛かるので、私にとっては二番目にお金に困る時だと改めておもいました。もしものために引越し費用のためのローンも考えています。(※参考・・・引越し費用ローン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>