借金があって、その返済に汲々としています。

私はそのころさるショッピングモールでアルバイトをしていました。
シルバー人材センターからの斡旋です。給料は月に5万円ほどでした。

そのころの私のいけない趣味がパチンコでした。お酒が飲めないたちなので、唯一の道楽ですね。
給料を増やそうとしたのです。しかしそれが裏目に出ることが多かったですね。

それを取り戻そうとして、カードローン(※借入※会社員・専業主婦・学生・パートの方も借りれる借り入れ業者)にも手を出しました。最初のうちは5万円ぐらいの借入でした。

それが1年後くらいには10万円ぐらいに膨らんでいきました。

年齢が70歳になったあとでカードローンを借りようとしました。
そしたらカードがATMに呑み込まれました。

なぜなのかは全然わかりませんでした。返済も滞ったこともないのです。
毎月きちんと返済額を返していました。

行員が出てきてカードを返してもらいました。そこでちょっと待たされました。
私が70歳になっていました。

カードローンは万70歳を過ぎて、次の誕生日が来ると、そこで打ち止めだそうです。そのようなルールは初耳でした。

借入金はそのころには20万円になっていました。仕方がないので、カミさんに借金です。
それで一括返済しました。

またそのころにPCが壊れました。画面が真っ黒になって、反応しません。
もう10年以上経ったPCです・。XPだったので、もうサポートは終了していました。

そこでららぽーとのノジマに行ってウインドウズ8に替えました。
ノート型は安いのもありましたが、私は目が悪いので、モニターが大きいのがいいと思いました。

そこでデスク型のを選びました。立ち上げもサポートも含めて16万円でした。
立ち上げは高かったですね。4万円です。

これもカミさんに借り入れました。その後アルバイトの給料で月に1万円づつ返済しています。
また悪いことにアルバイトも72歳で首になりました。

今では収入は年金のみになってしまいました。
年金から生活費を出して、私の小遣いは5万円になってしまいました。

この中から月々の医療費やタバコ代を払うと残りは3万円です。
その中からカミさんに1万円返済しています。ちょっと悠々自適の生活とは遠い生活ですね。

まあ死ぬまでにはカミさんへの借金は返済していきたいと思っています。

消費者金融とは??

一回「消費者金融の口コミ」という言葉を検索すると、数限りない口コミサイトが出てきて愕然とします。どこまで信じたらいいのだろうなどと思う方も、かなり多いことでしょう。

あなた自身がお金を借りやすく安全な消費者金融会社を総合ランキングの形で一覧の表にしておいたので、不安になることなく、ゆとりをもって貸し付けを申し込むことができるのです。

近頃では同業の消費者金融同士で低金利争いが起きており、上限金利を下回るような金利の設定も、もはや当たり前というのが今の消費者金融業界なのです。昔の金利を思うとあり得ない数値です。

無利息の期間のあるカードローンというものはどんどん増えていますし、いまどきは老舗の消費者金融会社でも、結構な長期間無利息で貸付をするところが見られるくらいで本当に驚かされます。

審査の緩い消費者金融についての比較サイトです。借入が無理でも、一蹴されても絶望する必要は全くないのです。低金利で利用できるキャッシング会社を選び出し、有用にお使いください。

口コミサイトを注意してみると、審査全般についてのデータなどを口コミで公にしていることもあったりしますので、消費者金融の審査内容に興味をひかれている人は、確認するといいでしょう。

借り入れから7日以内に返済を済ませたら、何度借りても一週間無利息が使える消費者金融業者もあるのです。返済までの期間は短いですが、返済を完了できる当てがある場合は、お得で便利な制度ですね。

収入証明の要不要でキャッシング業者を決めるのであれば、来店なしで即日融資にも応じることが可能なので、消費者金融だけではなくて、銀行傘下の金融会社のキャッシングも視野に入れておくといいかもしれません。

繰り返し実質金利無料の無利息でお金が借りられる、お得な消費者金融会社なども実在しますが、そこで安心してはいけないのです。無利息だから金利ゼロの誘惑に負けて、必要以上に借りていては、いつ泥沼にはまってしまうかわかりません。

数ある口コミの中でチェックしておくべきなのは、サポート体制についての評価です。中堅の消費者金融のうちのいくつかは、最初は貸してくれるのに、追加融資を申請するとコロッと変わって、貸してくれなくなる会社も実際にあるらしいです。

今月借り入れを行って、次の給料で全額返済できるということであれば、もう金利を考慮に入れる必要性はありません。無利息でお金を借りられるお得な消費者金融が現実にあるのです。

ちなみに、私の様な専業主婦の方が利用できる金融業者はこういったところです⇒お金を借りる専業主婦

はじめから担保が要らないローンでありながら、銀行張りに低金利に設定されている消費者金融というものが探してみるといくらでもあります。そんな消費者金融業者は、ネットで楽々と探し出すことができます。

消費者金融の金利というのは、ローン・キャッシングにそなわる性能そのものと言ってもよく、現時点でユーザーはウェブ上の比較サイトを活用して、賢明に低金利で借り入れできるローンを比較し選定することが普通になっています。

大規模な銀行の系統の消費者金融なども、現在は午後2時までに申し込みがあれば、即日融資OKに進化しました。基本は、貸し付けの審査に2時間ほどかかると思ってください。

各人にふさわしいものを明確に、判断することが重要です。「消費者金融系」及び「銀行・信販系」で各々あらゆる角度から比較しましたので、目安として目を通してみてみるといいと思います。

消費者金融を利用しなくてもいい生活ができていればいいのですが、不景気だし、思ったようにお金は稼ぐことができないし、急な出費とか、そういった時には便利だなと思いますね。

融資とは

融資とは、個人または法人が金融機関等から必要な資金を調達することを言います。

個人であればマンションなどの住宅購入時や自動車購入時。教育資金などの不足を補う目的で資金を集めることがあります。法人であれば事業の拡大目的や設備購入資金、経営の維持などを目的として資金を調達しています。

ただ単に、資金調達と言っても、資金を提供してくれるという簡単なことではなく、何らかの形で借り入れることを融資というのです。

融資は無条件に行われることは少なく、融資の返済が可能かどうかを含めて厳格な審査を通ってから始めて融資を行ってもらえます。

融資によっては同等の担保も必要になるため誰もが簡単気軽に融資を受けられるわけではないです。

融資と聞くと手続きが面倒そうで、書類もたくさん書いて提出もしないといけないというイメージが何となくありますが、カード1枚で手軽に借入のできるクレジット会社のキャッシングも融資の一種なんですよ。

融資の際には、複雑な審査や返済が本当に可能なのかどうかという判断が行われますが、クレジット会社のキャッシングは同等の審査がカード加入時に行われているのです。

クレジットカードを利用した融資だと、クレジットおよびキャッシングの利用頻度と返済期日の元首が個人に対する信用度の向上になって、融資限度額も上がります。

私は自分でお店を始めるときに国金から融資を受けました。

国金について・・・http://xn--o9jo2270afg3c.com/

国金はお金を借りやすいといいますが、借りるまでにそれなりの書類の提出をしなくてはなりませんでした。

どういった事業を行ってどれくらいの収入が見込めて的な・・・

また、融資を行ってもらえるまでに1か月程度、長い時には2~3か月程掛かる場合もあるんです。私の場合は1カ月くらいだったのですが・・・

なので急いでお金が必要な場合は消費者金融なんかで融資をしてもらうといいと思います。

なにか国金で融資をしてもらいたいと思っている場合には先に審査をしておくのもいいかもしれませんね。

銀行での融資も安心なのですが、銀行となると審査は厳しく思うようにお金を借りれないこともあります。

 

嫁に内緒でブログやってます。

皆さんも奥さんに秘密にしている事のひとつやふたつはありかもしれませんが、なぜ秘密にしているかというと、「秘密にしないと問題があるから」ですよね。

とはいっても、浮気じゃないのに秘密にしなきゃいけないことって何があるかというと「男性の愚痴」ではないかと思います。嫁もそのひとりなのですが、女子ってよくわからないときがありませんか。

男性からしたら別に、ということも女子なら問題ありのこともあります。仕事のことでグチグチいったり、泣いたり噛みついたり。周りを巻き込んで陥れようとする。

毎日のように仕事の今日あった出来事で、上司に言われたこととか同僚に言われたことで気に障るようなことがあれば報告してくるし、なければないで違う日常生活や買い物などでの愚痴などをたくさん聞かされたりします。

友達など男性との関わり合いの中ではなかなか愚痴っぽいことがメインで出てくることってないのですが、女子だとなんでそうなるのかわかりません。こんなの男性ならはじめての経験です。理解に苦しみますね。

なので、嫁に内緒でブログをやっています。どんなブログかというと、嫁さんにグチグチ言われたことを書き綴り、自分も吐き出すためのブログです。

自分ばかり言われていてもストレスがたまるばかりなのですが、以外とこれがブログに書き綴ることで発散になっています。今ではやめられない日課のひとつになりつつあります。

今ではもう2年くらい続けていますが、自分のストレスもかなり減って快適に過ごすことが出来ます。ただし、これが嫁に見つかってしまうと大変ですよね。

だって自分の愚痴が色々な人にオープンになっているのですから。だから内緒にせざるをえないのです。私みたいな内緒の持ち主もいるのでしょうかね。